アシックスのトレイルランニングシューズ「トレイルスカウト」を買った理由【登山と普段履き】

泥で汚れたアシックスのトレランシューズのトレイルスカウトとヘルスニットの靴下

登山&マウンテンバイク&普段履きにアシックスのトレランシューズ「トレイルスカウト」を購入したので、この記事ではその理由を書き残したいと思います。

※トレランシューズ=トレイルランニング用のシューズ。山などの未舗装路を走るスポーツ

かっこいいトレランシューズならサロモンでいいし、アシックスにするにしてももっと上位のモデルだってあります。でも自分の用途や性格、好みを考えるとトレイルスカウトがベストでした。もちろんこれから街でも山でも使い込んでみないと結論は出せませんが、現状ではトレイルスカウトがよかった。

サロモンのようなスポーティーで未来感強めなデザインよりもシンプルなデザインが好みだし、なにより「靴は日本メーカー」という確信があるんですよね。長いバスケ人生の中で結局アシックスの履き心地が最高だったし、大きな怪我もせずに済みましたから。

スポーツじゃなくて街でもそう。革靴は学生靴でおなじみのハルタが好きだし、スニーカーもムーンスターが好きです。海外メーカーの靴のような窮屈さがないし、フィット感というか足型に合ってる感が気持ちいいんです。とにかく日本メーカーの靴の履き心地が好きなんですよ。

軽量性だとかクッション性だとかそんなことよりも靴を履いたときの気持ちよさや一体感を大切にしたいし大事だと思ってます。だから海外メーカーと比較するまでもなくアシックス。

トレイルランニングシューズが必要になった理由

グラミチのウールブレンドタックテーパードパンツとエルエルビーンのアノラックパーカーを着て登山している男

そもそもなぜトレランシューズが必要になったのか。いままで通りダナーフィールド(トレッキングシューズ)で登山してりゃいいのに。

なんかね、自分がやってるアウトドア/山遊びに対してダナーフィールドが大げさに感じたんです。

今やってる山遊びは「晴れた日に低山の頂上までマウンテンバイクを担ぎ上げる」という類のもので、ゴツいブーツじゃなくてもいいかなって。あとは道路と林道を繋いでサイクリングしたりとか。こんな遊びなら軽快なトレランシューズのほうが向いてる気がしたんですよ。

ダナーフィールドは車の運転がしにくいのも欠点で、トレランシューズなら車の運転もできるかなと思って。登山口で車から降りて靴を履き替えるのめんどくさいし。いいっちゃいいんだけどね。

グラミチのウールブレンドタックテーパードパンツとエルエルビーンのアノラックパーカーを着て登山している男

合理性だけを追求した装備構築なんかもしなくて、エルエルビーンのアノラックやグラミチのウールパンツように好きな服を着てます。また休憩中にはスベア123Rでコーヒー沸かしつつ民族楽器のアサラトで遊んだり。だからアウトドアで履ける靴のレパートリーが増えるってのも嬉しいんですよね、気分で使い分けできるのが。

エルエルビーンのアノラックをMTB登山で使ってみた【人を選ぶかも】
前回、グラミチのウールパンツを登山で使った感想を記事にしました。実はそのときの山行ではウールパンツと同時にエルエルビーンのアノラックも着用してまして、今回はアノラックに焦点を当てて記事を書いてみます。 私は最先端の道具より、少し古臭い...
グラミチのウールブレンドタックテーパードパンツを登山で使ってみたらよかったよ
以前登山で使えそうなグラミチのパンツを27種類集めてみたで書いたように、グラミチのウールブレンドタックテーパードパンツを普段着&登山服として購入しました。化繊のストレッチが効いたパンツではなく、ウールを使用したストレッチがまったく無...
【登山/MTB】初めてのストーブにガソリン燃料のスベア123Rを選んだ理由【合理性と趣味嗜好のバランス】
以前キャンプに飽きたと同時にキャンプ道具はほぼすべて売り払ってしまいました。ですがソロキャンプに飽きた理由と登山が怖い俺でも楽しめるアウトドアを考えるで書いたように、アウトドア熱が再燃してぼちぼち道具を集め始めてます。まったりマウンテンバイ...

まとめると『私の山遊びには軽快なトレランシューズのほうが向いていそう。そして服好きの端くれとして山で履ける靴のレパートリーが増えるのが嬉しい』って感じですかね。

初めてのトレランシューズに求める条件

泥で汚れたアシックスのトレランシューズのトレイルスカウトとヘルスニットの靴下

トレランシューズに求める条件は3つ。

1.街でも履きやすいシンプルなデザイン

2.日本メーカー

3.そこそこの機能でいいから安い靴

トレランシューズを履いたことがなくて細かい条件を出せないんですが、今言えるのはこんなところ。

1.街でも履きやすいシンプルなデザイン

アシックスのトレランシューズのトレイルスカウトとヘルスニットの靴下

ダナーフィールドを買ったときもそうでしたが、街でも山でも履きやすいってのは大事にしたい。家に必要以上にたくさんの荷物を置きたくないんで、街と山の服はできるだけ兼用したいんです。そして汎用性を考えると癖のあるデザインよりシンプルな物が好ましい。

Amazonで各メーカーのトレランシューズをザッと見ましたが、スポーティーなデザインが多い印象です。赤や青など色使いが派手で、形は流線型というか未来感があるというか。レースに出てくるスポーツカーやオートバイっぽい感じ。サロモンのシューズがかっこいいと思います。

そういうスポーティーなのもかっこいいんですけど、いろんな服との合わせやすさを考えるとちょっと微妙かなと。あと単純にシンプルな方が好みって事情もあります。

2.日本メーカー

アシックスのトレランシューズのトレイルスカウト

私の経験内ではやっぱり日本メーカーの靴がいちばん履きやすい。革靴は学生靴でおなじみのハルタを愛用してるし、スニーカーはムーンスターの履き心地が最高。だからトレランシューズも日本メーカー。選択肢はアシックスかミズノでしょうが、バスケ部時代からの信頼があるアシックスで決め打ち。

【走れる革靴】ハルタのポストマンシューズの履き心地がほぼスニーカーだった話
人生初ポストマンシューズがほしいと思ったときに、当初はダナーやレッドウィングがほしかったんです。でもいいお値段なので躊躇してました。で、そんなときにハルタのポストマンシューズを知ってお試しついでに買ったところ、ハルタで充分だなってなってます...

学生時代はバスケ部で、高校で引退するまでに10年近い歴がありました。怪我がちな選手で足首を手術したこともあります。バッシュはナイキやリーボック、アンダーアーマーなどいろいろ履いてきて、そしてたくさん怪我をしました。

ところがアシックスのバッシュは最も付き合いが長いにも関わらず大きな怪我をしたことがないんですよね。さらに窮屈感もなく履き心地もベストで、10年のバスケ人生で間違いなくアシックスが最高でした。

当時は派手で人と被らないデザインが好きだったからアシックスを履かないこともあったけど、今バッシュを買うなら絶対にアシックス。だからトレランシューズもアシックス。最新機能なんかいらないからとりあえず足型に合うアシックス。

一人山中で怪我して身動き取れなくなったらまずいですから、各メーカーから好みのデザインを選ぶよりも、やっぱり怪我をしにくかった実績と信頼があるアシックスから選びたい。

3.そこそこの機能でいいから安い靴

アシックスのトレランシューズのトレイルスカウトを試着

私は靴メーカーが言っている「最新機能で走りやすさ向上」「新機能で履き心地アップ」的な話はほぼ信じてません。バスケ部時代はそんな謳い文句を真に受けて最新モデルを買ってましたけど、数年前のモデルと比較してもはっきりと分かる違いなんてほぼありませんでした。金の無駄でした。

(メーカーが謳う機能性の高さよりも実際に履いてみて自分がどう感じたかが全てだと思ってる。古いモデルだろうが最新モデルだろうが、安かろうが高かろうが関係なく、履いてみて気持ちいい靴がいい。もちろんグリップや防水性など検討すべき項目はあるけど)

そもそも私の場合は装備に頼る前に自分の体力や技量を上げろよって話だし、最新の装備を揃えたってすごくなるのは装備だけで自分じゃないってのはバッシュで経験済み。

もちろん装備の性能がパフォーマンスに大きく影響するタイプのスポーツなら別です。プロじゃなくたって成果が出ると嬉しいし、超初心者でも快適に上手こなせるようになれば楽しいもの。最新装備でやる気に繋がるならアリかもしれない。

アシックスのトレランシューズのトレイルスカウトとキャラバンのメリノウール靴下で登山

でも現時点では装備がパフォーマンスに直結するタイプの遊びをやってませんし、装備に頼るより自分の鍛錬をするフェーズ。だから最低限必要な機能を備えた安い靴がほしい。鍛錬になるから重い靴でもいいんです、足型にさえ合っていればなんだって。

※登山や自転車は装備や機材の影響をかなり受けそうだけど、今の私はそこまで追求するほどの遊びをしてない

それに山でローカットを履くのもトレランシューズを履くのも初めてなので、とりあえず安い靴で必要な機能や不満点を見極めたいんですよ。いきなり高い靴買うより、まずは安いの買って試したいタイプ。ローカットだと足首から砂が入らないかとか心配な点もあるので。

4つの最終候補の中からアシックスの「トレイルスカウト」に決定

アシックスのトレランシューズとシックストックスのウールソックス

トレランシューズに求める条件を整理すると、

1.街でも山でも履きやすく汎用性の高いシンプルデザイン

2.日本メーカーの中でもアシックス

3.最新機能はいらないからそこそこの機能かつ安い

こんな感じです。そしてAmazonで探して残った候補は以下の4つ。

↑トレイスカウト(トレラン/山歩き/普段履き)

↑ゲルベンチャー7(トレラン/トレッキング/普段履き)

↑ゲルベンチャー8(トレラン/トレッキング/普段履き)

↑ゲルスクラム6(トレラン/ロード)

※()はAmazonの説明欄にあった用途

いずれもトレランシューズとして販売されているので、必要最低限の機能は備えているだろうということで、あとは街でも山でも履きやすいデザインと価格で選ぶことに。どのモデルも「ほぼ黒のみ or モノトーン」で構成された色があるので汎用性は高そうです。

(FujiTorabucoシリーズが上位モデルに当たるっぽいんですが、カラフルでスポーティー強め、そして価格が上がるので除外)

挙げたモデルの中ではゲルスクラム6はスポーティー強めかつ汎用性に劣る気がしたので落選。ゲルベンチャー7も「アシックスのロゴ」が白く縁取られてるので落選。もっと素っ気ないほどにシンプルなのがいい。好み的に。

残ったのはトレイルスカウトゲルベンチャー8。デザイン的にも機能的にもぶっちゃけどちらでもよかったんで、最後はお値段が安かったトレイルスカウトに決定。よくお世話になっているファッションブログの運営者の山田さんも愛用してるというのも決め手の1つですね。本も出版されてる方です。

すでに1度トレイスカウトを登山で履きました。履き心地はかなり好感触で、もう1回登山したらとりあえず第一印象のレビュー記事を書いてみます。

街では何度も履いてます、デザインも汎用性も履き心地も気に入りました。

エルエルビーンのアノラックをMTB登山で使ってみた【人を選ぶかも】
前回、グラミチのウールパンツを登山で使った感想を記事にしました。実はそのときの山行ではウールパンツと同時にエルエルビーンのアノラックも着用してまして、今回はアノラックに焦点を当てて記事を書いてみます。 私は最先端の道具より、少し古臭い...
グラミチのウールブレンドタックテーパードパンツを登山で使ってみたらよかったよ
以前登山で使えそうなグラミチのパンツを27種類集めてみたで書いたように、グラミチのウールブレンドタックテーパードパンツを普段着&登山服として購入しました。化繊のストレッチが効いたパンツではなく、ウールを使用したストレッチがまったく無...

コメント

タイトルとURLをコピーしました