【ビーンブーツ-復活のモカシン-その4】ラバーが突如崩壊…原因と対策考察

ひび割れでラバーが剥がれたビーンブーツ

ビーンブーツのモカシンを古着で購入後、丸洗いやラバーの柔らかさを取り戻すなど、手塩にかけて育ててきた。

【ビーンブーツ-復活のモカシン-その2】丸洗い〜革の保湿まで
前回、ビーンブーツの現状確認の記事で書いた通り、前持ち主のおっさん(仮)の汗を落とすために、ビーンブーツの丸洗いを決行する。 一般的に革靴などの丸洗いは推奨される行為ではないだろうが、私のモカシンは歩く機能を失ったただの石像だ。 ...
【ビーンブーツ-復活のモカシン-その3】ラバーの柔らかさを取り戻す
前回は、ビーンブーツのモカシンを丸洗いし、ワセリンで革の保湿まで行った。 今回挑むのは、硬化したラバーに柔らかさを取り戻すミッションだ。 まずは現状をかんたんにおさらいしておこう。 私が買ったビーンブーツはモカシンタイプで...

そしてようやく歩ける状態にまでこぎつけ、これからはビーンブーツを履いてたくさん出かけられると思っていた。

そんな最中、事件は起きた。

前回のラバー復活後、さっそくビーンブーツを履いて出かけようと思ったのだが、なぜか遠出する気にはなれなかった。

だからとりあえず犬の散歩で履いてみることに。

いつものように歩いたり走ったりして、しっかり靴として機能している。

購入直後のつま先が曲がらない状態から考えると、よく復活したもんだと感心していた。

散歩バッグはビーントートを使っているため、エルエルビーンでおそろいなのも、またいい。

ひび割れでラバーが剥がれたビーンブーツ

そして何も問題なく、もうすぐ家に到着するぞというとき、ふと足元を見ると、ラバーのつま先の一部が白っぽくなっている。

「さっそく汚しちまったかあ、、、これからはもっと汚してやるぞ!」なんて呑気なことを考えていたのだが、どうやら汚れじゃなさそうだ。

ひび割れでラバーが剥がれたビーンブーツ

そこで立ち止まってじっくり見てみると、なんとラバーが剥がれ落ちていた。

ひび割れが悪化したのだ。

ラバーの柔らかさを取り戻したから、ひび割れはしばらく放置しても大丈夫だろうとたかをくくっていた。

甘かった。

だがまさか歩いて30分で崩壊するとは、、、

ということで、私のビーンブーツは30分で靴としての寿命を終えた。

この記事では、なぜビーンブーツが崩壊したのか、またどのように対策をすればよかったのか、、、原因と対策を考察する。

原因

1.元の劣化が激しすぎた

ビーンブーツのモカシン

結局これがすべてかもしれない。

元の劣化が激しすぎて、どれだけ手を尽くして修理しようとも、無駄なあがきだったという可能性だ。

購入時点でゴムはカチカチに硬化、しかもひび割れているのだから、ふつうに考えて既に靴としての寿命は終えていた。

【ビーンブーツ-復活のモカシン-その1】ボロボロの現状確認(80年代らへん)
古着でビーンブーツのモカシンタイプを買った。 ヘビーデューティーに魅せられてから、ビーンブーツは1足ほしいと思っていた。 できれば新品から育てたかったのだが、シンプルとはいえない、ひと目でビーンブーツとわかるデザインを長く愛用で...

だが私は丸洗いし、ワセリンを塗り、ゴム用保護剤を吹き付けて修理を試みた。

私がビーンブーツにしていたのは、心臓マッサージでなんとか延命していたのと同じだったかもしれない。

というか、絶対にそうだと思う。

出会いから間違えてたんだ。

ぼくらは出会うべきじゃなかった、、、なあビーンブーツよ。

2.ゴム用保護剤のせい?

ビーンブーツのモカシンのラバー部分の手入れでクレのラバープロテクタントを吹き付けている

前回の記事で紹介したが、硬化したラバーを柔らかくするために、ゴム用保護剤を吹き付けた。

クレのラバープロテクタントという保護剤だ。

ビーンブーツが崩壊した原因として、もしかしてもしかすると、このラバープロテクタントが悪かったのかもしれない。

これはラバープロテクタントを吹き付ける前から危惧していたことだ。

詳しくは前回の記事の「問題発生!クレのラバープロテクタントはビーンブーツに使えないかもしれない」をどうぞ。

まあ元々の劣化が激しかったことがすべての元凶だろう。

対策:劣化の予防に努める

ひび割れでラバーが剥がれたビーンブーツ

ビーンブーツを長く履くには、劣化してから策を講じるのではなく、劣化する前の行いが大切だ。

つまりは予防だ。

元々劣化が進んでいた私のビーンブーツには、いくら対策を打とうとその場しのぎでしかなかった。

だから劣化の進行を遅らせることに全力を注ぐのがいいと思う。

革が過度に乾燥しないようにクリームを塗ったり、ラバーにはゴム用保護剤を吹き付けるのがいいだろう。

ひび割れでラバーが剥がれたビーンブーツ

とくにラバーをひび割れさせないようにするのは大事。

私のビーンブーツも購入直後は革が固かったが、丸洗いをしてワセリンを塗れば柔らかく復活した。

いっぽうでラバーはダメだった。

丸洗いをしても保護剤を吹き付けても、ひび割れが悪化し、あえなく寿命を迎えた。

だからひび割れが起きないように、定期的にゴム用保護剤で手入れをしてあげるといい。

ビーンブーツのモカシンのラバーの手入れに必要なテープとラバープロテクタント

私が使用したラバープロテクタントでも大丈夫だとは思うが、万全を期すなら靴ケアメーカーのコロニルが出してる製品がいいだろう。

まあエルエルビーンに送れば修理をしてくれるから、そこまで神経質になる必要はないとは思う。お金と時間がネックになるだけで。

古着のビーンブーツの選び方

ワセリンとゴムの保護剤で手入れしたあとのビーンブーツのラバーモカシン

ビーンブーツを古着で選ぶときは、必ず現物を確認したほうがいい。

見た目はきれいでも、ラバーが硬化している可能性がある。

またひび割れが起きてる個体も絶対に避けたほうがいい。

安いからといって状態の悪いものを買うと、安物買いの銭失いになる。

私は2000円でビーンブーツを買い、修理道具に2000円使った。

そして手間暇をかけて修理した挙げ句、わずか30分しか履けなかった。

30分のために4000円を溝に捨てたのだ。

いちばんいいのは、やはり新品だろう。

安く買って修理に出す手もあるが、コストと手間を考えると、最初から新品がいいと思う。

次に私がビーンブーツを買うとしたら、絶対に新品だ。

限界寸前エルエルビーンのモカシンを修理~ラバーのひび割れとかかとのすり減り~
いまから約1年前にエルエルビーンのモカシンの修理記事をいくつか書いてました。メルカリで限界寸前の個体を購入してしまいムカついたので、「なんとか履けるレベルにまで修理してやる!」という意気込みで、丸洗いしたりラバーの柔らかさを取り戻したりして...

関連記事

【ビーンブーツ-復活のモカシン-その2】丸洗い〜革の保湿まで

【ビーンブーツ-復活のモカシン-その3】ラバーの柔らかさを取り戻す

コメント

タイトルとURLをコピーしました