レッドウィングのアイリッシュセッター875のソールを自分で交換した

※本ページは広告が含まれています
※本ページは広告が含まれています
ソールを剥がしたレッドウィングのアイリッシュセッター875靴/フットウェア

古着で購入したレッドウィングの875はゴツゴツしたビブラムソールに換装されていました。しかしゴツいソールは地面の凸凹や車のペダルの感触がわかりにくくて苦手です。重いしね。

そこで自分でソール交換をすることにしました。費用節約もそうですが、ソール交換の技術を身につけて、今後あらゆる靴を自分好みにカスタムできるようになりたいという思いがあるからです。

今回はアウトソールだけでなく、ミッドソールも剥がしました。自分好みの薄い靴底にするためです。

自分でソール交換したレッドウィングのアイリッシュセッター875

完成したのがこれ。いい感じにできました。

実際にソール交換をして感じましたが、お店の値段設定は妥当ですね。美しい仕上がりにするならば、手間、根気、技術が必要です。私は「最悪ブーツが壊れてもいい」と半ばヤケクソで作業したのでなんとか完成までこぎつけましたが、それでも勝手がわからないうちは心が折れそうになりました(ナメてた)。

この記事ではアイリッシュセッターをソール交換した体験を書きます。ソール交換の方法ではなく、あくまで体験談です。ヤケクソ、開き直り、自己流が満載なのでお気をつけて。

作業の流れは、

ソールを剥がす→新しいソールを貼る

とシンプルです。

スポンサーリンク

必要なもの

必要なものというか、使った道具です。

◎ソールを剥がす
・マイナスドライバー
・ペンチ
・リッパー(ミッドソールを剥がさないなら不要)

◎ソールを張る
・新しいソール
・専用接着剤×1.5本
・ハンマー
・カッター

ソール交換の方法を調べていると、ドライヤーやヤスリなど使ってる場合がありましたが、私はとりあえずソール交換ができればよかったので割愛しました。

 

スポンサーリンク

アウトソールを剥がす

レッドウィングのアイリッシュセッター875のビブラムソール

このアイリッシュセッターは前の持ち主によってゴツいビブラムソールに交換されています。

レッドウィングのアイリッシュセッター875のソールにマイナスドライバーを差し込んでいる

100均で買った小さいマイナスドライバーをアウトソールとミッドソールの間に差し込み、ペンチで掴めるだけの隙間を作ります。しっかりと接着されていたため、強引にグリグリとやりました。

レッドウィングのアイリッシュセッター875のソールを剥がしている

隙間ができたらペンチ系の挟める工具でアウトソールを掴み、あとは力づくで引っ剥がすのみ。

これが大変で、腕力だけじゃ厳しかった。だからマイナスドライバーも併用しつつ、体重を乗せてヤケクソで剥がしました。ブーツが傷んでも仕方ないというつもりで。

ソールの剥がし方を調べてみるとドライヤーで温めながらする方法もあるみたい。

レッドウィングのアイリッシュセッター875のソールを剥がしている

なんとか折り返し地点。ミッドソール(白い部分)ごと剥がれてしましました。けどこれでいい。

ソールを剥がしたレッドウィングのアイリッシュセッター875

そしてなんとか剥がせました。達成感がすごかったよ。

ソールを剥がしたレッドウィングのアイリッシュセッター875

アウトソールの凹みに小石や種のようなものが入ってました。プロの仕事だったらずさんすぎるぜ。

スポンサーリンク

ミッドソールとシャンクを取り除く

ソールを剥がしたレッドウィングのアイリッシュセッター875

次にミッドソールを剥がします。

レッドウィングのアイリッシュセッター875のシャンク

周囲の糸をリッパーで切りつつ、アウトソールのときと同じように力づくで剥がしました。

レッドウィングのアイリッシュセッター875のシャンク

そしてミッドソール内に収まっていたシャンクも取り除きました。これはすぐに剥がせました。本来は875にシャンクは入ってないかもしれません。このゴツいビブラムソールにしたときにシャンクを入れた気がします。

ミッドソールを剥がしたレッドウィングのアイリッシュセッター875

ミッドソールを剥がし終えるとこんな感じ。雑な仕上がりですが、そこまで根気がないのでこれでよしとします。

本体とミッドソールの間に貼ってるスポンジみたいなやつはめんどくさいのでそのままにします。ソールを剥がすときに一部スポンジもいっしょに剥がれてますが、これでいいの。

スポンサーリンク

新しいビブラムソールを貼り付ける

ビブラムソール

いよいよソールの貼り付けです。やっとここまできた。

購入したのはビブラムの8338というソール。軽くて薄い、私好みのやつ。

ソール交換に使う接着剤

使用する接着剤はこれ。両足で1.5本使いました。

説明書通りに貼り付けていきます。

接着剤を塗ったレッドウィングのアイリッシュセッター875

まんべんなく接着剤を塗り、30分放置。

レッドウィングのアイリッシュセッター875に新しいソールを張り合わせている

貼り合わせて、

レッドウィングのアイリッシュセッター875のソールとハンマー

100均のゴムハンマーでバンバン叩いて、足を通して圧着。

注意点ですが、貼り合わせの位置決めは「一発勝負」。ふつうのボンドのように貼り合わせてからスライドさせて微調整なんてできません。少し触れただけで接着されていきます。私は少し失敗したぜ。

レッドウィングのアイリッシュセッター875からはみ出たソールをカッターで切っている

しばらく放置したら、最後にブーツからはみ出たソールをカットします。

8338は薄くて柔らかいので、画像のような細いカッターでも簡単にカットできました。ゴツいソールだとこの工程が大変みたいです。

レッドウィングのアイリッシュセッター875のソール交換が完了

ソール交換後のレッドウィングのアイリッシュセッター875

上がもとのソール、下が新しいソールです。

ソールを剥がすときに、以前防水性向上のためにやった目止めが剥がれて縫い目が白っぽくなっています。

レッドウィングのアイリッシュセッター875に防水加工をして雨でも履けるようにする
登山や自転車で使うためにレッドウィングのアイリッシュセッター、875を購入しました。前回は丸洗いとソール補修をしたので、今回は防水加工をします。875にはゴアテックスなどの高機能な防水透湿素材が使われていません。ハンティングブーツがルーツと...

自分でソール交換したレッドウィングのアイリッシュセッター875

履き比べるとこんな感じ。見にくいけど。

自分でソール交換したレッドウィングのアイリッシュセッター875

両足ソールを交換するとこんな感じ。二足目はスムーズに作業が進みました。

自分でソール交換したレッドウィングのアイリッシュセッター875

自分でソール交換したレッドウィングのアイリッシュセッター875

なかなかいいでしょ。ウェーディングシューズっぽくなりました。

履き心地も好みになりました。

グリップスワニーのグローブとラウンドハウスのエプロンとレッドウィングのアイリッシュセッター875

日曜大工や自転車、散歩で履いてみたところソールが剥がれそうな感じはないですね。雑な作業でも自分でわかって使う分にはOK。

グリップスワニーのグローブとラウンドハウスのエプロンとレッドウィングのアイリッシュセッター875

ちなみに作業の際はラウンドハウスのエプロンとグリップスワニーのグローブをしてました。

グリップスワニーのG70キャンプグローブを買った理由【170年の歴史と黄色いワークグローブの原点】
キャンプ、登山、自転車(マウンテンバイク)で使おうと思いグリップスワニーのG70(キャンプグローブ)を買いました。もっと安いグローブもあったんですが、グリップスワニーが持つ170年の歴史や「黄色いワークグローブの元祖」であることに心をグッと...

汚れてもいい状態で作業するとはかどりますよ。とくにソールを剥がすときはお腹に押し当てて作業したり、指先でマイナスドライバーを押し込んだりしてたので。レッドウィングのブーツをUSA製エプロンを使って改造するのはいい気分だし。

ボロいレッドウィングのアイリッシュセッター875を復活させる【丸洗い&かかと補修】
レッドウィングはアイリッシュセッター、875を入手しました。普段履きではなく、趣味の登山や自転車で履くために買いました。ハンティングにルーツを持つブーツだから、アウトドアでも使えるだろうと。ただ、山に入ってどの程度機能するかわからなかったた...
レッドウィングのアイリッシュセッター875に防水加工をして雨でも履けるようにする
登山や自転車で使うためにレッドウィングのアイリッシュセッター、875を購入しました。前回は丸洗いとソール補修をしたので、今回は防水加工をします。875にはゴアテックスなどの高機能な防水透湿素材が使われていません。ハンティングブーツがルーツと...
タイトルとURLをコピーしました