ガラスレザーの革靴にできた傷をクリームで消してみた【ハルタ プレーントゥシューズ】

3ヶ月履いたハルタのプレーントゥシューズ(ガラスレザー)にできた傷

ハルタのププレーントゥシューズを履いて3ヶ月ほど経過したので、クリームを使って手入れしてみました。

ガラスレザーにはクリーム不要って論もあるみたいですが、実際に自分で試してみないと気がすまない。とりあえずガラスレザーの補色/つや出しに使用できると明記されてるM.モゥブレィのコードバンクリームレノベーターを使用。

←before|afeter→

結果から言うと、傷は隠せます。まったく目立たなくなりました(深い傷じゃなかったけど)。

が、ほかに目立った変化はないですね。艶が増した気もするけど増してない気もする、、、まあ傷が目立たなくなっただけで充分。

この記事ではクリームを塗布した方法なんかも書きますが、私が行った方法が正しいというものではなく、今回はこんな方法でやってみたよってだけなのであしからず。

使用道具

3ヶ月履いたハルタのプレーントゥシューズ(ガラスレザー)の手入れに必要な道具

今回使用した道具は以下のとおり。

クリーム…コードバンクリームレノベーター

グローブ…M.モゥブレイ

馬毛ブラシ(茶色)…M.モゥブレィ

豚毛ブラシ(白)…荒川産業

ペネトレイトブラシ(小さいの)…M.モゥブレィ

シューツリー…コロニル

右足だけクリームを塗布してみて、左右で違いを見てみます。

1.馬毛ブラシでほこり落とし&グローブで乾拭き

3ヶ月履いたハルタのプレーントゥシューズ(ガラスレザー)を馬毛ブラシでほこり落とし

3ヶ月履いたハルタのプレーントゥシューズ(ガラスレザー)をグローブで乾拭きしてる

シューツリーを入れた状態で馬毛ブラシをササッとかけほこりを落とします。そしてグローブを手にはめて優しく乾拭き。

本当は靴紐を外したほうがいいんでしょうが、めんどくさかったので省略。

ちなみに1回履くたびに毎回ブラッシングと乾拭きをしてて、これだけで若干艶が出ます。

「ブラシをかけて革の元気を取り戻す」とかではなく、単純にガラスレザー表面のほこりが取れて綺麗になっただけだと思います。外を歩けば砂ぼこりがつきますし、家で保管しててもあっという間にほこりを被りますからね。

2.ペネトレイトブラシでクリームを塗布&豚毛ブラシでなじませる

ペネトレイトブラシにクリームをつけてる様子

3ヶ月履いたハルタのプレーントゥシューズ(ガラスレザー)にクリームを塗布している

ペネトレイトブラシをクリームにちょんちょんと付けて、革靴全体に薄く塗布していきます。

3ヶ月履いたハルタのプレーントゥシューズ(ガラスレザー)にクリームを塗布直後に消えた傷

3ヶ月履いたハルタのプレーントゥシューズ(ガラスレザー)にクリームを塗布した直後の傷跡

この時点で傷は隠せました。

3ヶ月履いたハルタのプレーントゥシューズ(ガラスレザー)を豚毛ブラシでクリームをなじませている

その後、豚毛ブラシで全体をサササッとブラッシング。

ブラッシングでクリームが取れて再び傷が現れるんじゃないかと不安でしたが、問題ありませんでした。むしろ馴染んでいい感じに。

3.乾拭きで仕上げ

3ヶ月履いたハルタのプレーントゥシューズ(ガラスレザー)にクリームを塗布後の乾拭き

最後に再びグローブで乾拭き。

3ヶ月履いたハルタのプレーントゥシューズ(ガラスレザー)にクリームを塗布して乾拭きまで終わった後の傷跡

3ヶ月履いたハルタのプレーントゥシューズ(ガラスレザー)にクリームを塗布して乾拭き後の傷跡

乾拭きしても傷が現れることはなく、豚毛ブラシのときとおなじで馴染んでさらにいい感じに。

結果:ガラスレザーの革靴にクリームを塗布したビフォーアフター

左足が手入れなし、右足がクリーム手入れ後です。

ご覧のとおり、ほとんど差はありません。実物を見たら若干の差があるんですが、パッと見だと違いなんてほぼないです。

もしかするともっと履き込んで全体的に小キズが増えたら、クリームの効果がよりはっきりと出てくるのかもしれませんね。あるいは薄く塗りすぎたかもしれない。

←before|afeter→

ただし上の写真のように傷はバッチリ隠せます。ガラスレザーは元からピカピカなんで、傷が隠せるだけで充分かな。

で、今回は短期的な検証でしたが、クリームを塗布し続けると経年変化に違いは出るのか?という長期検証もやってます。結果が出るのはまだまだ先ですが。

コメント

タイトルとURLをコピーしました