最古の食器洗い用ゴム手袋。マリーゴールドのキッチングローブがいいぞ

Rushbrookesのブッチャーズエプロンとマリーゴールドのゴム手袋とハバハンクのバンダナ生活雑貨

以前、Rushbrookesのブッチャーズエプロンがいい【180年の歴史があるイギリスのお肉屋さんのエプロン】で触れたように、イギリスのエプロンに合わせてイギリスのゴム手袋を使っています。それがマリーゴールドのキッチングローブ。

1950年、Marigoldは食器洗い用に特化して開発・発売されました。

当時は工業用に使用されるものが一般的であり、食器洗い用は画期的、かつ手肌を守るという美しさに焦点を当てた広告展開だったこともあってか、世間では贅沢品として捉えられていました。

しかし、その使い勝手の良さから徐々に一般家庭に広まっていき、今ではどの家庭にも1つはあるというくらいゴム手袋は普及しました。
世間の常識を変えた立役者が、この「Marigold」なのです。

引用:2020年の“おうち時間リセット”にはMarigold を。長年愛され続ける理由 marcs store

私には馴染みのないブランドでしたが、かれこれ70年以上の歴史があります。e-Beginでは「最古の食器洗い用ゴム手袋」として紹介されてるぐらい。

レトロカラーが可愛い♡ 今も“身近な最古”なキッチンアイテム|雑誌Begin(ビギン)公式サイト
古くは500年近く前に創業するなど、世界最古の日用品がゴロゴロあるヨーロッパには、今なお創業当時と同じ製法、同じデザインの名品もザラ。ここでは今も使えて、かつ「へぇ~」がいっぱいの“身近な最古”モノからキッチンアイテムをご紹介。欧州には発見...

現在のマリーゴールドのラインナップにはキッチン用以外にも種類がありますが、1950年発売当時のマリーゴールドは食器洗い用に特化してたってことなので、この記事内で紹介してる黄色のキッチングローブは当時の流れをいちばん汲んでる製品なのかな。

スポンサーリンク

ゴム手袋嫌いな自分が気に入ったマリーゴールドのキッチングローブ

マリーゴールドのキッチングローブの指先

「マリーゴールドはウンタラカンタラ」っていうウンチクもいいんですが、機能や使い勝手でも気に入ってます。

長年、食器洗いは素手でやってました。手荒れが気になるのでダイソーのゴム手袋を使ってた時期もありますが、裾から水がバンバン入ってカビだらけになるわ、ブカブカで使いにくいわで、結局素手がベストでした。ゴム手袋なんて手間が増えるだけだった。

ラッシュブルックスのブッチャーズエプロンとマリーゴールドのゴム手袋

けどブッチャーズエプロンを使い始めたことで、数年ぶりにもう一度ゴム手袋を使ってみたくなりました。手荒れ対策のためにゴム手袋はしたいと思ってたし、なにより似合いそうだったからさ。

それでマリーゴールドのキッチングローブを見つけて使ってみたら、水は入りにくいわ、食器は滑らないわで、すごくいい。

洗い残しのニュルニュルも感じ取れるし、きれいになってたらキュッキュッという感触が伝わる。食器洗いに関しちゃ、感覚は素手と大差ない。違うのは手荒れしないこと。

耐久性もいいらしいぞ。半年使ってもへっちゃら

マリーゴールドのキッチングローブ

私はゴム手袋を使う習慣がなかったのでピンと来ませんが、レビューを見た感じほかのゴム手袋より耐久性がいいみたいですね。

最初に買った個体は半年ぐらい使ってました。半年もすると多少のヘタリ、ダメージはありましたが、まだ使えそうな感じでした。買い替えた理由は違うサイズを試したかっただけですし、食洗機を使わず半年なので、けっこう長持ちするっぽい。

ダイソーのゴム手袋を使ってたときより家事スキルは向上してるので、フェアな比較ではありませんが、マリーゴールドはすごくいい。

具体的な機能やデザインは以下からどうぞ。

GLOVES KITCHEN | MARIGOLD | marcs STORE
用途ごとに仕様が異なるゴム手袋。油に強く、洗い物が滑りにくいキッチン用。
スポンサーリンク

キッチン用だけじゃない。4種類のゴム手袋がある

マリーゴールドのゴム手袋のロゴ

・キッチン用

・バス用

・アウトドア用

・敏感肌用

マリーゴールドのゴム手袋は4種類あり、それぞれ色分けされてます。

各グローブの機能や特徴は2020年の“おうち時間リセット”にはMarigold を。長年愛され続ける理由で書かれてます。

ラッシュブルックスのブッチャーズエプロンとマリーゴールドのゴム手袋

私が使ってるのはキッチン用です。

生活スタイル的にはほかのゴム手袋は使わないかな。お風呂掃除は柄付きのスポンジを使ってるのでゴム手袋はいらないし、屋外ではグリップスワニーのレザーグローブとか使ってますし。

グリップスワニーのG70キャンプグローブを買った理由【170年の歴史と黄色いワークグローブの原点】
キャンプ、登山、自転車(マウンテンバイク)で使おうと思いグリップスワニーのG70(キャンプグローブ)を買いました。もっと安いグローブもあったんですが、グリップスワニーが持つ170年の歴史や「黄色いワークグローブの元祖」であることに心をグッと...

※Amazonにオカモトグローブの赤いマリーゴールドがある。ライセンス品なのかなんなのかわからん。使ったこともない。

スポンサーリンク

サイズはSとM。男がどっちも使ってみた感想

マリーゴールドのキッチングローブのSサイズ

これはSサイズ

初代はM、2代目はSを購入して使ってます。

Mは多少ゆとりがあって着脱しやすかったです。かといって使いにくさは感じなかったので、「洗い物は溜めずにちょこちょこ洗いたい派」の私には着脱しやすいMのほうが合ってるっぽい。

Sの購入前は「窮屈かな?」なんて思ってましたが、意外と大丈夫。窮屈というよりフィット感がすごくいいから、より素手に近い感覚。ただその分着脱しにくいのがデメリット。

マリーゴールドのキッチングローブ

サイズ展開は2つしかないようなので、

・着脱しやすいほうがいいならM

・ぴったりフィットがいいならS

といったざっくりとした選び方でもいいんじゃないですかね。どのみちゴム手袋は消耗品でいつかは買い替えることになるので、とりあえずピンときたほうを買えばよろしいかと。

Mでもガバガバではないので、手が大きい人だとMでぴったりフィットになる可能性はある。

ショップがサイズ選びの記事を出してくれてます。

レトロカラーが可愛い♡ 今も“身近な最古”なキッチンアイテム|雑誌Begin(ビギン)公式サイト
古くは500年近く前に創業するなど、世界最古の日用品がゴロゴロあるヨーロッパには、今なお創業当時と同じ製法、同じデザインの名品もザラ。ここでは今も使えて、かつ「へぇ~」がいっぱいの“身近な最古”モノからキッチンアイテムをご紹介。欧州には発見...
2020年の“おうち時間リセット”にはMarigold を。長年愛され続ける理由
marcs STOREはオリジナルレーベル「GREEN MOTION」や「duende」、「WECK」「BANALE」「Miffy」「PLAYWOOD」「Marigold」など、 優れたデザインの生活雑貨・ファッションアイテムなどを世界中から輸入・販売するmarcs internationalのオンラインストアです。
Rushbrookesのブッチャーズエプロンがいい【180年の歴史があるイギリスのお肉屋さんのエプロン】
いわゆる部屋着は持たず、外でも家でも同じ服を着てます(パジャマは別)。このスタイルは気に入ってるので変える気はありませんが、やっぱり生活に伴う汚れは気になります。 たとえばラコステの白いポロシャツにスパゲッティのソースが飛んだら嫌だし...
最近気に入って使ってるケントの豚毛歯ブラシ
これまで歯ブラシはこだわりもなく、ただ適当に安いものを使ってました。それで大した不満もなかったんですが、もっと歯を大事にしようという気持ちが強くなったこと、そして2回連続で全くきれいに磨けない歯ブラシを買ってしまったことで、ちゃんと歯ブラシ...
バブアーのビデイルを真冬に着る。防寒機能とインナーダウンの紹介
ここ2年、冬は毎日のようにバブアーのビデイルSL or 古いビデイルを羽織ってました。 雨や汚れが気にならないので犬の散歩には欠かせない服です。真冬の早朝なんか-5℃の日もあってめちゃくちゃ寒いですが、それでもビデイルを着てれば問題な...
【クラークスのワラビー】靴紐をアウトドア用ロープに交換する
クラークスの黒ワラビーを1年ほど愛用してます。「ワラビーだけあればいい」と考えるときがあるほど気に入ってて、生活や性格、気分にドンピシャ。 ただ唯一気に入らなかったのが靴紐。買ってすぐに交換を考えるほどでした。ポリエステルらし...
タイトルとURLをコピーしました