【大容量ポケットが便利】グラミチのシェルギアショーツを登山で使ってみた

グラミチのシェルギアショーツとメッシュインナー

以前書いた登山に使えそうなグラミチのパンツを27種類集めた記事でも触れましたが、普段履きと暖かい時期の登山を想定してシェルギアショーツを購入。ナイロン100%で両サイドの大きなポケットが特徴です。

シェルギアショーツを実際に登山で使ってみたのでとりあえず感想を書いてみます。まだまだ使い込みが足りないのでレビューというほど大げさなものではありません。

登山の行程は自宅から登山口までMTB(マウンテンバイク)に乗っていき、山頂までMTBを担ぎ上げるというもの。運動不足の体でMTB(約14kg)を担ぎ上げる体力がどれほどあるのかを確かめる目的も込み。ゆったりペースで帰宅まで5時間ほどかかりました。

先にざっくりと感想をまとめると「ポケットが便利でふつうに登山で使えた」って感じですかね。以前ハンガーノックになって動けなくなった教訓を活かしてポケットに補給食を入れまくってたんですが、取り出しやすいし落とさないしゴミの分別もしやすい。とにかく補給がかんたんでした。

動きやすさについては問題なかったので、ポケットに焦点を合わせて感想を書いていきます。

この日の装備

グラミチのシェルギアショーツとコロンビアPFGのバハマシャツで登山

この日の装備はこんな感じ。

・頭…ノースフェイスのゴアテックスハット×シートゥーサミットのヘッドネット

・ザック…ケルティのデイパック

・上半身…ミレーのドライナミックメッシュ×コロンビアPFGのバハマシャツ

・下半身…1000円の九分丈メッシュパンツ×グラミチのシェルギアショーツ

・足回り…ダニッシュエンデュランスのメリノウール混紡靴下×ダナーフィールド

【雨と虫から身を守る】登山用にノースフェイスのゴアテックスハットを買った3つの理由
透湿防水機能を持ったノースフェイスのゴアテックス搭載のハットを購入しました。実は以前にも同じものを使っていたんですが、アウトドア熱が急速冷凍されたときに手放してしまったんです。で、このたびアウトドア熱が復活し、使い勝手のよかったノースフェイ...
【バックパックの元祖】ケルティのデイパック18Lを購入した理由
盛大な断捨離の影響で、所持しているバッグはエルエルビーンのトートバッグが2つだけだ。 1つは定番のビーントート、もう1つはグローサリートートでエコバッグとして所持している。 正直、手ぶら派かつ車移動中心の私にはトートバッグが1つ...

足を上げても動きを邪魔されないし汗疹にもなりにくい

ノースフェイスのゴアテックスハットとシートゥーサミットのヘッドネットを被って登山をする男

GPSをこまめに確認したいのでスマホは取り出しやすい位置に収めたいんですが、山で過ごすときはできるだけポケットに入れたくありません。理由は3つ。

1.単純に動きにくいこと

2.スマホを落としそうで不安なこと

3.汗疹ができて不快なこと

登山中はポケットのスマホが気になるんですよね。足を上げにくくなるのはもちろんですが、スマホを落とすのが不安で慎重になりすぎる。さらに太ももとスマホが長時間くっつくせいで汗疹になるんです。これらが地味にストレス。

だけどシェルギアショーツの両サイドの大きなポケットがこれらの問題を改善してくれました。

ポケットが横にあるおかげで足を上げる動作にスマホが干渉してこないというか、気にならないんですよね。また自転車に乗るときは太ももが90度にまで上がりますが、ポケットの口が下を向かないからスマホが落ちる心配は少ない。そしてスマホと太ももが常時触れ合わないから汗疹にもなりませんでした。

それでいて取り出しやすい位置にスマホがあるので、ナビの確認などがスムーズに行えました。

補給がかんたんでハンガーノック対策にいい

グラミチのシェルギアショーツで登山

以前自転車で30kmほど走ってハンガーノックになった経験があります。あのときは町中だったからよかったですけど、もし山だったらと思うとゾッとします。平坦な道でもいちばん軽いギアで漕ぐのが精一杯で手足のしびれもあり、とにかくキツかった。

だからハンガーノック予防のためにちまちま補給するようにしたいんですが、私は超がつくほどのめんどくさがり屋なので、いちいちザックから補給食を取り出すようなことはしません。だからもっとかんたんに食べ物を口にできる環境を構築する必要があります。

ここでシェルギアショーツの両サイドの大きなポケットが役に立ちました。

ふつうのパンツのポケットだと汗疹ができるので嫌です。体温で温められた食べ物ってのもなんかアレだし。

だけどシェルギアショーツのサイドポケットなら出し入れがかんたんなのはもちろん、汗疹もできないし、食べ物が太ももと密着することは少ない。サイドポケットにスマホや補給食を入れて、ほかの通常のポケットに補給食のゴミを入れて分別できるのも便利でした。

補給する手間やストレスが少ないからこまめに補給することができて、ハンガーノックになったときより厳しい行程のはずなのにかなり楽にこなすことができました。補給食って大事だな。

スマホを三脚に取り付けたまま収納できるから撮影がスムーズ

グラミチのシェルギアショーツを履いてマウンテンバイクと登山

風景やザックだけを撮影するより人間が写ってるほうが好きです。あとで見返すと「こんな装備であんなことがあったなあ」とか思い出しやすいんですよ。写真にストーリー性が出る気がするし、ブログでも写真使いたいですし。

ソロばかりで撮ってくれる人はいないから、いつもめんどうでも自分で撮影してます。いわゆる自撮りってやつです。そのためいつも小さい三脚をザックのなかに忍ばせるんですが、ただでさえ撮影がめんどくさいのに、

・ザックを下ろして三脚を取り出す

・三脚にスマホをセットして配置する

・ザックを背負い直して撮影する

・ザックを下ろして三脚を収納する

・またザックを背負い直して出発

これだけの手間がかかるんで、写真1枚撮るだけなのにめんどくさすぎる。結局1枚も撮影しないことも多々ありました。

シェルギアショーツを買う前から補給しやすさは想定してましたが、写真撮影をしやすくなるというのはうれしい誤算でした。

シェルギアショーツの大きなサイドポケットはスマホを三脚に取り付けたまま収納できるんです(iPhone7+を縦横どちらでも)。もちろん動きやすさや汗疹問題もクリア。つまり撮影のためにザックを下ろす必要もなく、自撮りが捗るんですわ。まあ撮影自体がめんどくさいのは変わりないんですけどね。

まとめ

グラミチのシェルギアショーツとメッシュインナー

落ちない、取り出しやすい、大容量とポケットが両サイドにあるのは想定してたより便利でした。スマホでこまめにGPSの確認ができて遭難の確率を下げることができるし、補給しやすいのでバテにくくなりました。

ただ1つ文句をつけるなら、サイドポケットの縁にゴムを入れてほしかったです。入り口が若干狭くて手を突っ込みにくいんですよね。もちろんザックの中よりははるかにアクセスがいいんですが、強いて言うなら縁にゴムを入れてポケットの中を漁りやすくしてほしかったかな。

まあタウンユースを想定されたモデルでしょうし問題ないです。充分使いやすかった。

それに普段履きしやすいデザインかつ水陸両用モデルなので、「街〜海〜山」とどこにでも行ける汎用性は最強じゃないでしょうか。

グラミチ シェルギアショーツのサイズ感【163cm/60kg/Sサイズ】
海やプールで水着として着用可能、そして両サイドの大きなポケットが特徴的なシェルギアショーツ。私は登山や自転車でも使用しているので、街中だけでなく海〜山まで様々なアウトドアシーンでも活躍してくれます。 そんなシェルギアショーツ、...
グラミチのウールブレンドタックテーパードパンツを登山で使ってみたらよかったよ
以前登山で使えそうなグラミチのパンツを27種類集めてみたで書いたように、グラミチのウールブレンドタックテーパードパンツを普段着&登山服として購入しました。化繊のストレッチが効いたパンツではなく、ウールを使用したストレッチがまったく無...
【雨と虫から身を守る】登山用にノースフェイスのゴアテックスハットを買った3つの理由
透湿防水機能を持ったノースフェイスのゴアテックス搭載のハットを購入しました。実は以前にも同じものを使っていたんですが、アウトドア熱が急速冷凍されたときに手放してしまったんです。で、このたびアウトドア熱が復活し、使い勝手のよかったノースフェイ...
【バックパックの元祖】ケルティのデイパック18Lを購入した理由
盛大な断捨離の影響で、所持しているバッグはエルエルビーンのトートバッグが2つだけだ。 1つは定番のビーントート、もう1つはグローサリートートでエコバッグとして所持している。 正直、手ぶら派かつ車移動中心の私にはトートバッグが1つ...

コメント

タイトルとURLをコピーしました