ソロキャンプに飽きた理由と登山が怖い俺でも楽しめるアウトドアを考える

ヘビーデューティー倶楽部のロゴ 自転車と山

数年前のある日、ふとアウトドアに興味が湧いて、手軽に始められるアウトドアを考えてました。

そしてちょうどそのころ「ゆるキャン△」というキャンプを題材にしたアニメがスタート。

作品のなかで原付でソロキャンプに行くキャラがいて、そういうの楽しそうだなと思ったのがソロキャンプを始めたきっかけです。雰囲気がよかったのよ。

でね、実際にソロキャンプに行くんだけど、正直初めてソロキャンプに行った時点で飽きてました。

テント建てて飯食って寝るだけのルーティンってのはすぐにわかったし、そのうえ料理やお酒にこだわりがないので、楽しいポイントを見いだせませんでした。

それでもしばらくソロキャンプを続けたのは、初期費用がそれなりにかかったからなんとか取り返そうとしてただけ。

ブッシュクラフトっぽいキャンプをやったり、真冬のハンモック泊なんかもして、いろんなスタイルを試しました。

当時は「俺はソロキャンプが好きなんだ!楽しめてる!」と思い込もうとしてましたけど、いま思うとやっぱり楽しくなかったよ。その証拠にキャンプ道具の大半を売っぱらってしまった上に困ってないもの。

で現在の話に戻って、ソロキャンプには飽きたけどアウトドア自体への興味はずっとあるから、ほかの遊び方を試してみたいんです。

ところが自分の厄介な性格のせいで、いまいち楽しめそうなアウトドアが見当たらない。

命の危険があるようなハードな登山は怖い、かといってキャンプほどゆるいのは楽しめないという厄介な性格なのよね(高いところや遭難とか無理。技術がないからそう感じるのかもしれないけど)

「じゃあ一体どんなアウトドア遊びなら楽しめるんだ」と模索してるのが現在の状況です。

ということで、この記事はソロキャンプに飽きた理由を考察して、そのうえで怖がりな私でも楽しめそうなアウトドアを考えるという内容になってます。

【考察】ソロキャンプに飽きた3つの理由

※あくまで私がソロキャンプに飽きた理由であって、ソロキャンプ自体の魅力を否定するものじゃないよ。楽しいならそれがいちばん。

1.難易度が低すぎてつまらなかった

あくまで私の体感の話ですが、キャンプは難易度が低すぎてつまらない。

テント設営に特別な技術なんていらないし、焚き火だってむずかしいものじゃない。

やりがいが無い。

例えるならずっと 1+1=2 の計算ばかりやってる感じ。

徐々に割り算とか連立方程式とかむずかしいことにステップアップしたほうが飽きないっぽい。

2.ダラダラ過ごすのが苦手だった

ソロキャンプってテント設営したらあとは暇なんですよ。

人によっては料理にいそしんだり、ナイフで木を削って遊んだり、美しい焚き火に仕上げたりするんでしょうけど、私はやってみた結果どれも楽しいと思えなかった。

そしたらあとはAmazonプライム観て過ごすしかない。

けど何時間も動画観てダラダラと過ごすの苦手で、なんか罪悪感がある。

だからソロキャンプ中はやることがなくて暇だし、動画観てると逆にストレスでしんどいし楽しくない。

3.キャンプを目的にしていた

何よりいちばん失敗だったのはキャンプを目的にしてたこと。

ソロキャンプがつまらない癖にソロキャンプを目的に行ってたらそりゃつまらん。

元はアウトドアに興味があってキャンプを始めたのに、いつの間にかキャンプをするのが目的になってた。キャンプだけがアウトドアじゃないのに。

キャンプ目的のキャンプがつまらなかった時点で、別の遊びにシフトしておくべきだった。

キャンプ道具とマウンテンバイク担いで山登って冬のハンモック泊とかしたことあるんですけど、それも結局キャンプ目的だったから楽しくなかったです。

こういう遊びはいまでも興味あるんですが、当時はキャンプが目的になりすぎて山やマウンテンバイクを楽しむ気がなかったのかも。

キャンプを楽しくする道具としてのマウンテンバイクになってた。

山やマウンテンバイクを楽しむためにキャンプをしてたらまた違ってたかもしれません。

こんなアウトドア遊びをしてみたい

ということで、キャンプにこだわらず自分が楽しいと思えるアウトドアを探したい。

ソロキャンプに飽きた経験から、キャンプ以外の目的とキャンプ以上の難易度は必須。

で、いまのところ考えてるのは大きく分けて2つ。

・キャンプ以上ガチ登山未満のアクティビティ

・アウトドア×文化系(服、音楽、絵)

まだ設計図というか未来予想図というか、こんな遊びをしたら楽しいかなって思ってる段階です。実際にやってみたらつまらなかったって可能性は充分あります。

ただ当面はこの路線で遊ぶのを前提にアウトドア道具を揃えていく予定。

キャンプ以上ガチ登山未満のアクティビティ

要はキャンプより難易度が高くて、登山より難易度が低いアクティビティのことです。

キャンプはルーティン過ぎるし簡単すぎてつまらなかった。

一方で高いところや危険なところが苦手なので、一歩踏み外したら谷底へ転落するような登山は無理。

(低山=安全とは思ってないよ、山による。というかどんな山でも林道でも恐怖感はある、度合いが違うだけで)

だからその中間の遊びに興味があります。

マウンテンバイクで林道を制覇したり、サクッと登れる低山をいくつもハシゴしたり、、、そして必要があればキャンプも取り入れていく感じ。危なくないわけじゃないし怖さはあるけど、いざってときにリカバリーがききやすい環境で遊ぶというか。もちろんしっかり準備をした上で。

低山でも危ない箇所があったら引き返してとっとと次の山に向かうフットワークが軽い遊びなら、怖がりな私でもだいじょうぶそう。そして適度に体を追い込めそう。

イメージとしてはYouTubeの kentarou in the woods というチャンネルのゆるいバージョン。

登山はもちろん、マウンテンバイク担いで山登ったりカヌーをしたり、ときにはキャンプ的なこともしたり、多岐にわたるアウトドアアクティビティの様子を発信してるチャンネルなんですが、これが本当に楽しそう。

そしてめちゃくちゃ怖くてキツそう。

いずれやってみたい気もするんですが、いきなり同じようなことをやると本当に命を落とす危険があります。だからまずはもうちょっとライトなキャンプ以上ガチ登山未満の遊びで体力や知識、経験を積んで、それでも満足できなくなったら挑戦してみたい。

アウトドア×文化(服、音楽、絵)

アウトドア×文化系はキャンプ以上ガチ登山未満のアクティビティよりも、さらにライトな遊びをイメージしてます。

自然のなかでギターの練習をして、そのついでに焚き火やキャンプなんかしたら楽しそうかなって。

以前から歌は好きで家でよく歌うんですが音量に気を使います。そしてそれはギター練習でも同じ。

山なら人がいないし練習場所にちょうどよさそうでしょ。

あとはヘビーデューティーな服が好きなんで、そいつらをアウトドアで使いたい気持ちがあるんです。

ハンモックに腰掛けて、バブアーのジャケット着て弾き語りとかめちゃくちゃいいなと。

404 NOT FOUND | ヘビクラ
404 NOT FOUND | ヘビクラ

運動強度を上げたいときは自転車で山まで行こうと思ってます。

基本はバイクや車のつもりで。

まとめ

というわけで、当面は以下のような遊びをやってみようと思います。

・マウンテンバイクで山に行く

・山でギターや歌の練習しつつ、焚き火とかしてみる

・低山をハシゴする

実はネットで山でコーヒーを飲める道具は買ったので、とりあえずマウンテンバイクに乗って近所の山を散策しながら遊んできます。

その前にマウンテンバイク修理しないと、、、。

関連記事

【バックパックの元祖】ケルティのデイパック18Lを購入した理由
盛大な断捨離の影響で、所持しているバッグはエルエルビーンのトートバッグが2つだけだ。 1つは定番のビーントート、もう1つはグローサリートートでエコバッグとして所持している。 正直、手ぶら派かつ車移動中心の私にはトートバッグが1つ...

コメント

タイトルとURLをコピーしました